EMSとは

このエントリーをはてなブックマークに追加  

そもそも、EMSとは?

emsとは 

 

筋肉に電気で刺激を与えてエクササイズにするEMSについてまとめています。

 

調べていくうちに

  • 「EMSってこんなに種類があるんだぁ」
  • 「技術の違いも価格の違いも差があるぞ」

なんてことが分かってきます。

 

くびれを作るEMSの選び方、ということでタイプや価格保証などの情報にしました。
タイプにわけても特徴があってかなり種類が豊富です。

 

ローションタイプとパッドタイプの違い

EMS 違い 

 

EMSで最も大きな違いはローションタイプはパッドタイプかです。

 

効果や本質など大きな違いがあるので、まずどちらが良いのか、選ぶ必要があります。

 

 「楽だから」

「手軽だから」

 

で選んでしまうことの無いようにする必要があります。
選ぶものを間違えると全く効果がないEMSになってしまうかもしれません。

 

 

誰だってそんな無駄な時間を過ごしたくないですよね?

 

 

・ジェルパッドタイプ

 

ems ジェルパッド 
最もスタンダードなタイプです。
基本構造はEMSのマシン本体があって、腹筋に貼付けたジェルパッドへ電気信号が送られます。

 

手軽でどこにでも持ち運べるので「ながらエクササイズ」には最適です。

 

ただし、ジェルパッドはどんどん古くなるので定期的に取り替えなければなりません。
いつでも100%の効果を発揮するのは難しいでしょう。

 

ローションジェルタイプ

 

ems ローション 
手軽さではジェルパッドタイプに遅れてしまいます。
ローションを購入して、まずは自分でエクササイズ。

 

さらにくびれが欲しい部分に当てて使用していきます。
決して難しくはありませんが、手抜きをしながら出来るものでもありません。

 

結果を求めるならば10分のエクササイズを毎日していきましょう。

 

メリットはローションにこだわっていることです。
独自のローションと相性がぴったりのEMSを付けることが出来るので、
保証をつけている商品もあるほどです。

 

ジェルパッドの高周波、干渉波などは意味が無い?

 

くびれをemsで作るには 
ローションタイプのこだわりは本質に関わる部分で作ることが出来ます。
特にローションはかなりこだわりを持って、成分を厳選しています。

 

いっぽう、ジェルパッドタイプは一番重要なその部分にこだわりを付けることが出来ません。
場合によっては有名メーカーの市販品でも使用できることをメリットのように書いたりしています。

 

そもそもが、きちんとしたエクササイズではなく、貼ってボタンを押すだけ。
というのはエクササイズとしては不完全です。
そのため、新しい技術をどんどん仕入れるようになってきたのです。

 

 

 

たとえは高周波を使用するタイプが出ています。

 

20000Hz以上の周波数を使用することで筋肉の奥まで刺激を与えていきます。

 

ほかにも干渉波を使ったりします。
異なる周波数を当てることで痛みが無く筋肉の内側だけに刺激を与えるのです。

 

 

ems 高周波 
どちらも最深の技術ですがジェルパッドの苦肉の策にも見えてきてしまいます。
インナーマッスルを刺激できるEMSはそれだけで限られてきます。

 

980円のEMSがある理由

ems 980円 

 

EMSの価格に付いても疑問が出てくるのではないでしょうか?
なんと980円という低価格のEMSがあるのです。

 

 

それも作りこんでいるものや人気商品です。

 

じつはローション対応のEMSに限り、そうしたサービスが出来るのです。

 

くびれを作るEMSはローションがとても重要です。
そのようなローションを使うか、エクササイズを組み合わせやすいものは?
と云ったことを考えて作られています。

 

そしてローションは消耗品で継続する場合、定期コースになります。

 

ボディカル 

 

じつはこの定期コースを選んだ場合に限り、本体価格を980円にしてくれるのです。

 

ほとんどサービスですよね?
私がジェルパッドタイプではなくローションタイプを選んでいる理由が分かってきましたか?