体重 体脂肪 くびれ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

体重を落とす・体脂肪を絞る・くびれを作る

体重 体脂肪 くびれ 

 

体重が落ちれば体脂肪も絞れる、体脂肪が絞れればくびれが出来る。
それぞれが連動していると勘違いをしていませんか?

 

その間違いを正していかないと無駄な時間を過ごしてしまう事になります。

 

ここでは

 

  • 体重を落とす方法。
  • 体脂肪を落とす方法。
  • くびれを作る方法

 

を別々に紹介していきます。

 

ダイエット 目的 

 

あなたが求めているものはどれでしょうか?

 

もし、体重を落としてくびれを作ろうと思っているならば、
その間違いに気付く事が出来るでしょう。

 

体重を落とす方法

体重を落とす 

 

体重を落とすだけを考えるならば、とても簡単です。
食事を減らせば単純に落ちていきます。

 

カロリーだけを考えてください。
食べるカロリー・消費するカロリーの2つが存在します。

 

基礎代謝と食事カロリー 

 

2つの差で体重は変わるのです。

 

  • 食事のカロリーが多くなれば太ります。
  • 消費するカロリーの方が大きいならば体重は減っていきます。

 

本気で体重を落としたいならば、限界まで食べなければ良いのです。
(最低限の食事はしてください)

 

見た目 変化無し 

 

ただし、問題点があります。

 

体重が落ちても痩せるとは限らないのです。
見た目は変わらないのに体脂肪でぷくぷくになっている可能性もあるのです。

 

食事制限のダイエットはそれだけでは完成しない理由でもあります。

 

体脂肪を落とすには

体脂肪 落とす 

 

体脂肪を落とす方法は答えが一つです。・・・辛いですが。

 

 

有酸素運動、簡単に言えば走れば良いのです。

 

走れば走っただけ、体脂肪は燃焼していきます。
気をつけてほしいことは時間が全てだと云う事です。

 

頑張って走った30分よりもゆっくりと1時間走った方が脂肪は絞れていきます。

 

時間をかけたジョギング 

 

体脂肪は走る時間で絞れていく。

 

この事だけを考えて走る続ければ体脂肪は落ちていきます。
続けていればお腹に付いた体脂肪も減っていくでしょう。

 

ただし、くびれを作る事とは少し違います。
くびれが欲しいならば遠回りの方法なのです。

 

くびれを作るには

インナーマッスル 鍛える 

 

私が実践しているくびれを作る方法を紹介しますね。
ポッコリお腹がいやでいやで溜まらないとき、ボディカルEMSを見つけて実践を始めたのです。

 

 

ボディカルが出来る事はインナーマッスルを鍛える事です。

 

身体の内側にある、鍛えるのがとても大変な筋肉です。
お腹のポッコリを引き締めてぐっと引き上げるのです。

 

 

まさに、くびれを作る筋肉!

 

私が求めていたものはこれでした。
その過程で体脂肪も落ちていきます。体重も多少落ちました。

 

 

それよりもくびれが出来るんです。

 

くびれを作るにはインナーマッスル、これはもう、確実な事実です。