ライザップ くびれ

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ライザップでくびれは出来るのか?

 

ライザップ

「コミット100%」

 

ライザップのCMは衝撃を受けます。
ぽっちゃりだった女性が2ヶ月でくびれの付いたスラッと美人に変わるのです。

 

 

「わたしもあんな風になるなら・・・」

 

誰だって一度は考えます。
ライザップに通った人の日記、うわさ話、実態などをまとめて、真相に迫ります。

 

  1. トレーニングに付いて。
  2. 食事について
  3. くびれを作る事は出来るのか?

 

と3部構成にしました。

 

結果分かった事は、ライザップがコミットしているのはくびれではありません
筋トレをして体重を落とす方法だけなのです。

 

ライザップの筋トレに付いて

 ライザップ 筋トレ

 

2ヶ月でコミットするためにはライザップの筋トレはとてもキツいものになります。
芸能人の方で挑戦した人って
「赤井英和さん」
「岡村隆史さん」
「チュートリアル徳井さん」
等ですよね。

 

実は他にも何人か、挑戦していたのに諦めてしまった芸能人もいたのです。

 

 

そういえばCMで「始めました」とやっていたのに「結果はこうなりました」
が出ていない人もいるような・・・。

 

基本的な筋トレは週2回、ライザップのジムに行ってトレーニングです。
限界を超えるような内容も励まされながら必死にやってしまうのだとか。

 

 ライザップ 続けられない

 

イメージすると分かってきそうですが、全身が痛くて動けなくなるような筋トレを週2回。
これだけ辛い事をすれば誰でも結果は出てきそうです。

 

 

肝心な事は最後まで出来るかどうか?

 

最後まで通い続けられるならば、管理までしてくれるライザップも良いかもしれません。
私は辛いのが嫌いなので・・・。

 

ライザップの推奨している食事

 ライザップ 食事

 

ライザップに限らず、急激に痩せられる人って厳しい食事に耐えられる人ばかりです。
高タンパク、低カロリー。
ライザップはさらに無糖質も入れています。

 

 

糖質がある食べものは全部だめ。

 

コースの選び方によっては「ささみ」「卵の白身」以外は食べられないのだそうです。

 

確か岡村隆史さんがインタビューで答えていました。

 

「お腹がすいたらキュウリを食べている。スズムシですやん」

 

 ライザップ きゅうり

 

筋トレと同様、ここまで徹底していれば結果が出ないワケがありません。
単純に公式を考えてみますね。

 

 

 

(基礎代謝?食事カロリー=?なら痩せていく)この式だけです。

 

 

筋トレをすると基礎代謝があがります。

 

平行して食事カロリーを抑えていれば痩せない理由がありません
ただし、痩せれば無条件にくびれが出来るとは限りません。

 

くびれを作る事は可能か?

 ライザップ くびれ

 

ライザップは入会まえにカウンセリングで希望を聞かれるそうです。
そこではっきりと「くびれが欲しい」と伝えれば
それ用のトレーニングを組んでくれる気がします

 

 

期間は2か月!

 

さんざん調べてくびれが出来るメカニズムが分かってくると、
「ちがうんじゃないかなぁ」と感想を持ってきます。

 

一時的、短期的でしかないのです。どういう事か説明をしていきます。

 

 ライザップ インナーマッスル

 

くびれを作るためにはインナーマッスルを鍛える必要があります。
付けるのが難しい、時間のかかる筋肉です。

 

2ヶ月という期間で鍛えるとしたら結果が出にくいんですね。

 

 

ではライザップはどのようにしているのか?

 

アウターマッスルという短期間で鍛えられる部分をメインにしていきます。
きっちりトレーニングできるなら、週2回のトレーニングで十分すぎるくらいです。

 

 

体脂肪を絞るだけなんですね。

 

痩せるのですから、始めに太っているほど効果があります。
落ちた体脂肪の分、お腹周りの数値が下がるだけです。

 

 ライザップ 見た目

 

この場合、本当の意味でくびれは出来ません。

 

 

お腹をきゅっと引き締めてプロポーションを作るためには、
インナーマッスルを鍛えなくちゃ行けないのです。

 

それには時間と技術が必要です。
くびれを作る事を最終目標にした場合、ライザップでは物足りない結果になるでしょう。

 

ライザップに通う事のメリットは?

それでもライザップに通う事にはメリットはあります。
私はジムに通うとかって苦手なのですが・・・。

 

  1. 結果にコミットしてくれる
  2. やり遂げる事で自信がつく
  3. くびれを作る始めの起爆剤として

 

「一人でやると続かない」
「やってもダメだと思ってやらない」
「ダイエットや筋トレには疑いがある」

 

このような方にはメリットが大きく活きてくるのではないでしょうか?
解説を入れていきます。

 

 

結果にコミット

 

結果にコミットしてくれる

どんな事をしても結果がでないひとは体質のせいにしてしまう事があります。
痩せる事が出来ない体質って無いんですね。

 

ライザップを体験すると目標達成率が100%!

 

 

その理由は「これでもかっ!」というくらいにトレーニングと食事を変えるためです。

 

自分に言い訳をしないで変わる事が出来る、という事実を手に入れる事が出来ます。
・・・同時に、予想を遥かに超えたトレーニングに驚くでしょう。

 

「ここまでしなくちゃ変われないんだ!」
「くびれを作るのって同じくらい辛いのでは・・・。」
「これまで考え方が甘かった」
と思う事が出来るでしょう。

 

ここからをスタートにする事が出来ます。

 

ライザップ 自信がつく 

やり遂げる事で自信がつく

私も初めそうだったのですが、くびれなんて出来ないと思い込んでいるのです。
EMSを始めた時もそうでした。

 

「こんな程度、毎日10分でくびれが出来る訳が無い」

 

この考えは一度も成功をしていないから出てきます。
まずはライザップで変われた事実を作り出してしまう事です。

 

その後は何をやっても自信がつきます。
継続していればくびれが出来る!と分かっているからです。

 

ライザップ きっかけ 

くびれを作る始めの起爆剤として

ライザップの2ヶ月は結果にコミットしてくれる代わりに辛いと思います。
逆に言えば乗り切れてしまえば継続は難しくないのです。

 

始めの2ヶ月で体脂肪をぎゅん!
っと絞ってしまって変わります。

 

それからくびれを付けるためにEMSをのんびり、楽しく実践をしていくのです。
始めに土台が出来ればくびれを作るまで焦りが無くなります。

 

自分のペースで進められます。

 

このように考えられるならばライザップは良いのではないでしょうか?
焦る気持ちを持ってしまっているならば、覚悟を持って初めてみては?